COLUMN
外国人採用に役立つ情報や
kedomoのニュースを発信中
選考(面接&実技試験)

ベトナムでのエンジニア採用選考(機械加工)

1.外国人エンジニアの応募から採用に至るまで

機械加工エンジニアの求人を出されていた福岡県の企業様に、kedomoに登録があった求職者3名を面接していただきました。社長様自らハノイまで足を運んでいただいて、実技試験、筆記試験、面接を行いました。

地元の短期大学の演習場所を試験会場としてお借りして、応募者の技術を見ていただきました。面接は和やかなムードで進み、候補者も日本の暮らしを質問するなど積極的に質問していました。そして結果は1名のエンジニアが採用となりました。

採用が決定したエンジニアは日本で仕事をすることを望まれていたのでとても喜んでおられました。2年後には家族を日本に連れてきたいという目標をぜひ叶えてもらいたいです。

2.外国人エンジニアの採用決定から来日まで 

エンジニアには、採用決定から就労ビザの取得ができるまでの約3ヵ月間、弊社が提携する学校でしっかり日本語を勉強していただきいます。採用されたダイさんが来日した当日の様子もコラム(『エンジニアのダイさんが来日(機械加工・福岡県)』)に載せていますのでぜひご覧ください。

3.外国人エンジニアの技術レベルの確認

機械加工やCAD操作などは実際の作業姿を見てもらわないと、エンジニアがどの程度のレベルか判断するのが難しいため、企業様がベトナムに行けない時には作業風景をビデオ撮影して採用の判断材料にしていただくこともしています。

4.外国人エンジニアの採用を検討中の企業様へ

エンジニア採用では、人材が操作できる設備やソフトウェアなどのスキル面を確認するため、選考までに細かなやり取りを外国人と行う必要があり、企業様に負担が大きくかかる場合があります。そのため、私たちは企業様に代わって、大学等での履修内容(『外国人エンジニア採用(大学での学習内容)』で説明)や、これまでの製作実績を通訳を入れて人材から聞き取りや、実技試験の手配を行っています。入社までの人材とのコミュニケーションを私たちを通じて行い、企業様の採用にかかる負担を軽減できることも外国人エンジニア採用で弊社の人材紹介をご利用いただくメリットの一つです。

kedomoでは、ベトナムと日本のスタッフが親身になって求人から入社までをサポートしています。外国人採用をお考えの企業様は気軽に声をお掛けください。

カテゴリー

Welcome to Japan!(4)
ビザ(在留資格)(9)
外国人と働こう(17)
外国人を採用するには(4)
外国人を採用したら(7)
外国人と日本語(4)
選考(面接&実技試験)(1)
kedomoのニュース(2)