COLUMN
外国人採用に役立つ情報や
kedomoのニュースを発信中
特定技能

特定技能「介護」の試験内容、受験場所、申込方法など

2019年4月よりスタートした特定技能を利用して、介護の仕事に就く外国人が増えています。海外にいる外国人材を採用したり、アルバイトの留学生が社員になるために、特定技能「介護」の就労ビザを取りたいといった場合には、試験内容や受験場所、申し込み方法を知っておく必要があります。

この記事では、特定技能「介護」を取得するために受けなければならない試験について、詳しく解説します。

なお、介護職で外国人採用をご検討中の企業様は下記よりご相談ください。

外国人採用のご相談はこちら
お問い合わせフォーム

1.特定技能「介護」の概要

特定技能制度とは、介護分野をはじめとする人手不足が深刻な産業分野に、即戦力となる外国人を、労働力として受け入れる制度です。特定技能1号、2号の2種類があり、特定技能1号では最長5年間、家族の帯同不可などの制限があります。現在「介護」分野では特定技能2号は存在していませんが、2号では在留期間に制限がなくなり、また日本に家族を呼ぶことができるようになります。

特定技能「介護」を取得する要件として、

  • 技能試験(➀介護技能評価試験)
  • 日本語試験(➁国際交流基金日本語基礎テスト又は日本語能力試験N4以上及び➂介護日本語評価試験)

の双方をクリアしなければなりません。他の分野では日本語試験は②のみですが、介護分野はコミュニケーション能力が必要となるため、③の試験も追加して行われます。 ①、②、③とも日本国内と海外で試験が実施されており、①と③は同じ試験日に受験することが可能です。

なお、以下に該当する外国人については、技能試験・日本語試験が免除されます。

  • 介護分野の第2号技能実習を修了した方
  • 介護福祉士養成施設を修了した方
  • EPA介護福祉士候補者としての在留期間満了(4年間)の方

受験資格

受験資格は下記の2つです。なお試験に合格したとしても、そのことをもって在留資格「特定技能」が付与されるわけではありません。

  • 17歳以上の者とする。(インドネシア国籍を有する者にあっては、18歳以上)
  • ただし、日本国内において実施する試験にあっては、在留資格を有する17歳以上の者(退去強制令書の円滑な執行に協力するとして法務大臣が告示で定める外国政府又は地域の権限ある機関の発行した旅券を所持している者限定)とする。

2.特定技能「介護」の試験内容

介護技能評価試験

試験時間が60分、学科試験40問、実技試験5問から構成されます。出題範囲と問題数は、介護の基本(10問)、こころとからだのしくみ(6問)、コミュニケーション技術(4問)、生活支援技術(20問)です。サンプル問題が発表されているので見ていきましょう。

実際の問題では母国語に翻訳されます。選択問題となっており、4択の中から正しいものを一つ選びます。実技試験は実際に実技を行うわけではなく、試験形式です。合格基準は問題の総得点の60%以上となっています。

介護日本語評価試験

試験時間は30分、問題数は15問と、介護技能評価試験より時間・問題数ともに少ない構成です。出題範囲と問題数は、それぞれ介護のことば(5問)、介護の会話・声かけ(5問)、介護の文書(5問)となっています。

問題文は日本語で出題されます。日本語試験として、国際交流基金日本語基礎テスト又は日本語能力試験N4以上があるため、介護分野の日本語能力があるかを確かめる目的です。介護日本語評価試験も、合格基準は問題の総得点の60%以上となっています。

英語版も含め9ヵ国の言語に翻訳された介護技能評価試験、介護日本語評価試験のテキストが無料でダウンロードすることができます。ご希望の方は、介護分野における特定技能外国人の受入れについてのページ中段にリンクがあります。

3.特定技能「介護」の合格率

2020年6月の試験の受験者数、合格者、合格率は下記の表にある結果となりました。日本国内及び、海外3ヵ国のみの結果となっていますが、これは2020年6月にミャンマー、ネパール、モンゴルでの試験実施が行われなかったからです。

日本国内での受験者が圧倒的に多い状況となっています。これは、コロナの影響により日本国内の留学生、失業した外国人が流入したことが原因と考えられます。合格者数、合格率も海外より、日本国内の方が高くなりました。海外における受験者は、来日経験のない日本語初学者が多いため、日本国内でアルバイトや就労経験のある外国人と比較すると、日本語の習熟度等で差がつくのは仕方がありません。

フィリピンの合格率

  受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
介護技能評価試験 46 22 47.8
介護日本語評価試験

43

19

44.2

カンボジアの合格率

  受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
介護技能評価試験 11 5 45.5
介護日本語評価試験

4

2

50.0

インドネシアの合格率

  受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
介護技能評価試験 58 35 60.3
介護日本語評価試験

48

39

81.3

日本国内の合格率

  受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
介護技能評価試験 579 401 69.3
介護日本語評価試験

537

462

86.0

4.特定技能「介護」の受験場所及び試験日程

日本国内の受験場所・試験日程については全国の試験会場日本国内試験日程よりご確認いただけます。47都道府県全てで行われているので、地方にお住まいの方でも無理なく受験することが可能です。基本的に月曜~金曜のほぼ毎日行われており、会場によっては土曜・日曜に受験可能な場合もあります。

海外では、フィリピン4か所、カンボジア2か所、インドネシア4か所、ミャンマー1か所、ネパール1か所、モンゴル2か所にて実施されています。詳しい受験場所については、受験申込より、該当国をクリックしていただくと、ページ下部に詳細が記載されています。試験日程等については海外試験日程よりご確認ください。日本国内と比較すると、実施回数が少なくなっています。

5.特定技能「介護」の申込方法と申込期限

試験は国内・海外ともにプロメトリック株式会社が実施しています。(アメリカに本拠地を持つ世界最大の教育試験サービスの子会社)あらかじめプロメトリックIDを取得し、そのプロメトリックIDでログインをすることにより、受験の申し込みを行うことができます。(受験申込にプロメトリックID取得のページもあります。)各個人がそれぞれプロメトリックIDを持つ必要があるので、注意しましょう。

受験料の支払いは、予約画面よりクレジットカード決済で行います。料金は介護技能評価試験、介護日本語評価試験ともに、1,000円です。もし施設側で試験料を負担する場合は、バウチャーエクスプレスよりアカウントを発行後、バウチャーを購入し、バウチャー番号を受験者に教えてください。

申込期限は希望受験日の3営業日前の23:59までとなります。(テスト日が週末の場合は、少なくとも4営業日前の23:59まで)また、受験申込は2か月先(60日先)まで可能です。試験受験後、45日間は次の受験はできません

6.特定技能「介護」で外国人採用を検討中の企業様へ

特定技能「介護」の試験内容について、詳しく解説しました。
就労ビザ(在留資格)を取得するためには、試験に合格後に地方出入国在留管理局で申請を行わなければなりません。特定技能は他の在留資格と比較して、必要書類が多く準備に時間がかかります。

kedomoでは、特定技能「介護」を取得した外国人の募集から、提携している専門家と連携して就労ビザ取得のサポートまでワンストップでサービスを展開しています。外国人の採用を検討されている施設様は、お気軽にご相談ください。

なお、介護職で外国人採用をご検討中の企業様は下記よりご相談ください。

外国人採用のご相談はこちら
お問い合わせフォーム

<参考文献>
『介護分野における特定技能外国人の受入れについて』厚生労働省

<参考ページ>
『特定技能「介護」で外国人を採用する方法【分かりやすく解説】』
募集方法や手続きまで説明しています。一から知識を得たい方はこちらをご覧ください。
【介護施設限定】外国人採用の無料相談受付中!
kedomoが分かりやすく説明。テレビ電話で遠方対応も可能です。

カテゴリー

Welcome to Japan!(4)

外国人エンジニア来日レポート (4)

ビザ(在留資格)(23)

特定技能 (9)

資格外活動(アルバイト) (1)

永住権 (2)

技能実習 (2)

技術・人文知識・国際業務 (2)

就労ビザ (6)

研修 (1)

介護 (6)

特定活動 (1)

自動車整備 (1)

外国人と働こう(37)

全国の外国人相談窓口 (16)

全国の外国人材雇用状況 (15)

職場環境 (5)

外国の賃金・物価・食 (1)

補助金・助成金 (1)

外国人を採用するには(4)

外国人の採用方法 (3)

kedomoの人材紹介 (1)

外国人を採用したら(13)

外国人の保険・税金 (6)

外国人の日本生活 (4)

外国人の海外出張 (1)

転職時の入管手続き (2)

外国人と日本語(4)

採用時の注意点 (2)

採用後のサポート (2)

選考(面接&実技試験)(1)

ベトナムでの採用選考 (1)

kedomoのニュース(4)

日記 (2)

採用情報 (1)