COLUMN
外国人採用に役立つ情報や
kedomoのニュースを発信中
就労ビザ

採用時に使える「在留カード等読取アプリケーション」【偽造防止】

少子化などによる人材不足を背景に、日本の外国人労働者の数は年々増加しており、厚生労働省の発表では、2019年には165万人に達しました。外国人の受入れは東京、愛知などの大都市圏が中心ですが、近年では地方でも少しずつ受け入れが進んでいます。

アルバイトや社員として外国人を採用する際に、一つ気を付けなければならないのが、在留資格の確認です。外国人が日本で職に就くには、働くことができる在留資格が必要ですが、それを持っていない人を採用すると、入管法に触れ、処罰の対象となるケースがあります。ここでは、この在留資格を確認できるアプリケーションについてご紹介します。

個別相談(無料)はこちら
お問い合わせフォーム

1.在留カードとは

在留カードとは、外国人が在留資格を持った、中長期在留者であることを証明するカードです。短期の旅行で滞在する外国人には発行されません。

在留資格とは、外国人が日本に滞在するために必要な資格のことで、例えば「介護」「教育」「特定技能」「永住者」などというように細かく分類されています。

2.在留カード等読取アプリケーションとは

在留カードを持っていても、そのカードが偽造・改ざんされたものである可能性もあります。そこで、出入国管理庁が在留カードの情報が偽造・改ざんされたものでないかを調べるためのアプリケーションを、2020年12月から無料配布しました。それが「在留カード等読取アプリケーション」です。

なお、在留カードが有効であるかどうかを調べることは、このアプリケーションではなく、出入国管理庁の「在留カード等番号失効情報照会」ページ上でできます。

出入国在留管理庁 在留カード等番号失効情報照会画面

このサイトは、入力番号が有効かどうかを判別するためのもので、カード自体が偽造されたものかどうかを判別することはできません。

それに対し、「在留カード等読取アプリケーション」では、カードに埋め込まれたICチップを読み込んで、偽造されたものでないかを判別します。偽造・改ざんされていないことを確かめるためには、在留カード等読取アプリケーションによって確認することが必要です。

準備するもの

なお、アプリケーション利用時に、ICチップを読み取るため、以下のいずれかを準備する必要があります。

  • 非接触型ICカードリーダライタ(パソコンをご利用の場合)
  • NFC対応端末(スマートフォンをご利用の場合)

3.在留カード等読取アプリケーションの導入方法

「在留カード等読取アプリケーション」の導入方法を説明します。

①「在留カード等読取アプリケーション」で検索し、出入国在留管理庁の「在留カード等 読取アプリケーション」の無料配布についてにアクセスします。

②画面下の「こちらから、各サイト又はアプリケーションストアに行くことができます」という青い文字をクリックします。

③アプリケーション配布元から、入手したいもののアイコンを選んでクリックします。以下から選ぶことができます。

  • パソコン版(windows版・macOS版)
  • スマートフォン版(Android版・iOS版)

④ダウンロードが終わったら、そのファイルをクリックします。自動的にウィザードが起ち上がり、インストールされます。

⑤インストール後、デスクトップ上やスタートメニューにショートカットが作成されます。それをクリックすると利用できます。

4.在留カード偽造・変造にまつわる事件

外国人労働者の増加に伴い、在留カードの偽造も増えています。警視庁の発表では、偽造在留カード所持などの摘発件数は、2019年で748件あり、年々増加傾向にあります。

2020年7月には、埼玉県川口市で1800件の在留カード偽造で外国人が逮捕されるという事件がありました。2020年10月には、群馬県で家畜や果物を大量窃盗した外国人グループが摘発されましたが、このグループも在留カードを偽造していました。新型コロナウイルスの流行で経済状況が厳しくなり、往来が制限されていることも影響しているかもしれません。

5.偽造・変造された在留カードを見つけた場合

偽造在留カードを持ち、在留資格のない外国人を雇用した場合、たとえその事実を知らなくても、「不法就労助長罪」に問われる可能性があります(3年以下の懲役または300万円以下の罰金)。上記のアプリケーションなどを利用し、外国人労働者の在留資格には十分に目を配ってください。

通報・相談先

もし在留カードの偽造・変造がわかった場合はどうすればよいのでしょうか。
基本的には、最寄りの警察署へ通報・相談することになります。警視庁webサイトには、外国人の適正労働についてという項目があり、外国人を雇用する事業主の義務について説明されています。

入国管理法では、「所轄の入国審査官または入国警備官に通報する」となっており、出入国在留管理庁webページでは、電子メールでも通報を受け付けています。

また、全国外国人雇用協会では、匿名を希望する場合に代理で通報するなどの対応があるようです。匿名を希望する場合は、このような団体に相談する方法もあります。

いずれにしても、在留カードの偽造・変造がわかった、または在留資格がないことがわかったまま、外国人労働者を雇用し続けることは、罪に当たる可能性があることを認識し、適切に対応することが大切です。

6.まとめ(外国人採用を検討中の方へ)

以上、「在留カード等読取アプリケーション」についてご説明してきました。

kedomoは、外国人に特化した人材紹介会社です。外国人採用をされる事業者様へのサポートに力を入れており、人材募集から面接、入社までがスムーズに行くように専任のスタッフがご支援します。外国人採用を検討の際は、お気軽にご相談ください。

個別相談(無料)はこちら
お問い合わせフォーム

カテゴリー

Welcome to Japan!(5)

外国人エンジニア来日レポート (5)

ビザ(在留資格)(32)

特定技能 (14)

資格外活動(アルバイト) (1)

永住権 (2)

技能実習 (2)

技術・人文知識・国際業務 (2)

就労ビザ (8)

研修 (1)

介護 (7)

特定活動 (1)

自動車整備 (1)

建設業 (1)

製造業 (2)

看護師・看護助手 (1)

農業 (1)

外国人と働こう(38)

全国の外国人相談窓口 (16)

全国の外国人材雇用状況 (15)

職場環境 (6)

外国の賃金・物価・食 (1)

補助金・助成金 (1)

外国人を採用するには(6)

外国人の採用方法 (4)

kedomoの人材紹介 (1)

kedomoの就職サポート事例 (1)

外国人を採用したら(14)

外国人の保険・税金 (6)

外国人の日本生活 (4)

外国人の海外出張 (1)

転職時の入管手続き (2)

外国人と日本語(4)

採用時の注意点 (2)

採用後のサポート (2)

選考(面接&実技試験)(1)

ベトナムでの採用選考 (1)

kedomoのニュース(4)

日記 (2)

採用情報 (1)